スポンサードリンク

2008年01月07日

突発性難聴症状

突発性難聴症状
「老若男女問わず、誰でもある日突然聴力を失い、その原因は不明、確たる治療法もない病気」といえる。

突発性難聴症状
発症はそのとき自分が何をしていたか明言できるほど即時的
(突発的)である。
そのため発症時は「耳が塞がっているようだ(耳閉感)」「耳に
水が入ったような感じが取れない」
などと訴えて難聴と気付かない事が多く、勘違いや誤診により
治療が遅れるケースが多い。

突発性難聴症状
症状は軽〜重度の難聴(低音型・水平型・高音型など)と耳鳴り
などが中心であり、それに加えて音が「異常に響く」「割れる」
「二重に聞こえる」「音程が狂う」など、その副症状も人によって
様々である。

めまいや吐き気
を訴える事もある(この場合はメニエール病も
疑われる)。ほとんどの場合片側のみに発症するが、稀に両側性
となる場合もある。

一般的には
突発性難聴は再発しない」と言われているが、これは
結果的に再発しなかったケースを逆説的に突発性難聴ととらえて
いるだけであって、実際は治癒後に再発する患者も多い。

もっともこの場合は
治癒から時間が経っていれば
「2度目の突発性難聴(とは言えそれぞれの発症間に関係が全く
ないとは考え難い)」、短期間であれば「蝸牛型メニエール病
(眩暈がなく難聴症状のみのメニエール病)や低音障害型感音性
難聴等の疑いあり」などとの認識に移行するのが一般的である。
その場合は蝸牛型内リンパ水腫(内耳のむくみ)も原因の候補に上がる。
非常に稀なケースではあるが、両耳に発症かつ進行性難聴であれば
特発性両側性感音難聴(特発性難聴)と診断される場合もある。

                        Wikipediaより
posted by y at 21:51 | TrackBack(0) | 突発性難聴症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。