スポンサードリンク

2008年01月07日

突発性難聴治療

突発性難聴治療
突発性難聴に対しては様々な治療法が検討されていますが、
原因不明のため、どの治療法が効果的なのか分からず、
発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断して
治療法を決定しています。

突発性難聴
の症状が重度の場合には、入院治療となりますが
軽症や中等度の場合は定期的に外来通院しながら、
薬物治療で対処します。

突発性難聴の
原因として、ウイルス感染説や循環障害説などが
あげられています。
でも、はっきりした原因がわかっていないのでこのウイルス
感染説や循環障害説についての治療をします。

突発性難聴治療
ウイルス感染・・ステロイド剤の持つ強カな抗炎症作用で、比較的
効果が高いといわれるウイルス性内耳障害改善を目的とした、
ステロイド剤投与をおこないます。
循環障害・・・・内耳循環障害改善を目的とした治療。血流改善剤、
代謝促進剤、血液内酸素濃度を上昇させるために、
高気圧酸素療法、星状神経節ブロック注射、
さらに内リンパ水腫改善を目的として
利尿剤を使用する場合もあります。

突発性難聴
の治療をする上で一番重要なのは心身ともに安静にすることです。
突発性難聴の症状が出る前に過度のストレスを受けているケースが
多く見られるからです。
安静のみでも内耳循環障害の改善が期待されます

内耳の血液循環を
良好に保つため、首周りを冷やさないようにすることも忘れずに
行ってください。

突発性難聴は
再発しないので、突発性難聴が再発するようであれば、他の疾患を
疑ったほうがいいでしょう。(外リンパ瘻、メニエール病、聴神経
腫瘍など。)
posted by y at 21:00 | TrackBack(0) | 突発性難聴治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。